学校概要

 本校は、昭和55年に「豊川小学校」、「新里小学校」、「謝花小学校」の3校の統合校として現在地に創設された。

 創設当初から謝花小学校、豊川小学校、新里小学校のすばらしい歴史と伝統、校風がしっかりと受け継がれ、校区民は、それぞれの母校としての愛着と学校環境への深い関心があり、PTA活動や学校行事、環境美化等に対して協力的である。特に、創設から10年余りの間はPTA・地域の方々の協力により教育環境の充実に向けて、校庭作りや芝植えや新里小学校からのモンパノキ・ナンキンハゼ・デイゴの移植等の校地整備、プールや新校舎建築等の整備に努めてきた。

 平成元年・2年には町教育委員会の指定を受け、合科的指導の研究校を、平成4・5年には県・町教育委員会の指定を受け、道徳の研究推進校として、一人ひとりの道徳性を高める指導に努めてきた。現在も「人権教育の充実」など、伝統として息づいている。

 本校は2019年度(令和元年度)に校舎を全面改築し、令和2年度より上本部中学校と小中一貫教育校として統合「上本部学園」として新生再始動する。

児童数(平成31年4月10日現在)

 

1年

2年

3年

4年

5年

6年

なかよし

ステップ

合 計

男 子

14

19

18

17

19

13

1

1

102

女 子

15

18

15

9

15

15

2

1

90

合 計

29

37

33

26

34

28

3

2

192

 

TOPへ